日本のNortheptionチーム、世界大会出場は叶わずVCT APACラストチャンス予選で準優勝!

現地時間2021年10月11日(月)から10月17日(日)まで開催された「VCT APACラストチャンス予選」は、「VALORANT Champions 2021」への出場権を獲得するための、最後のチャンスでした。悔しいことに、日本代表の「Northeption」は、決勝戦でタイ代表「FULL SENSE」と対戦し、2-3で敗れて準優勝となりました。

「Northeption」x「FULL SENSE」

決勝戦はBo5(Best of five)で、なんと5戦フルセットの激しい戦いが繰り広げられました。Upperファイナルでの「FULL SENSE」との対戦では、「Northeption」は2-1で勝ちましたが、決勝戦での再戦では5マップ目まで持っていったものの、約5時間半の熱戦を終え、2-3の結果で準優勝となり、世界大会出場権は獲得できませんでした。決勝戦後のインタビューでは「Northeption」チームのseoldam選手は「あと1セットだけ取れれば優勝だったので、本当に悔しかったですが、ファンの皆さんの応援が力になりました」といったコメントで、TENNN選手は「今回は負けたので、来年は勝ちます。絶対に勝ちます。APACでも勝つし、その上の世界大会でも勝てるくらいの実力をつけてきます」とポジティブな発言をしました。来年の世界大会が楽しみですね。

「VALORANT Champions 2021」の出場チームは

12月1日から12日まで(現在時間)ベルリンで開催される世界大会「VALORANT Champions 2021」は、シーズンを締めくくって、今年の世界王者を決める公式大会です。今週行われたVCTラストチャンス予選により15チームが出場確定しており、あと1チームは試合が延期された「VCT NAラストチャンス予選」で決まります。もう1チーム欲しかったのですが、日本代表として「Crazy Raccoon」だけが出場します。「VALORANT Champions 2021」に出場するチームはこちらです。

権利獲得 チーム
Masters Berlin 優勝 Gambit Esports
アメリカ1位 Sentinels
アメリカ2位 Team Envy
ラテンアメリカ1位 KRÜ Esports
ブラジル1位 Team Vikings
ブラジル2位 Vivo Keyd
EMEA 1位 Acend
EMEA 2位 Fnatic
韓国1位 Vision Strikers
日本1位 Crazy Raccoon
東南アジア1位 X10 Esports
東南アジア2位 Team Secret
アジアパシフィック1位 FULL SENSE
EMEA 1位 Team Liquid
ラテンアメリカ1位 FURIA Esports
北アメリカ1位 ラストチャンス予選 通過チーム

VCT NAラストチャンス予選が延期

新型コロナウイルス感染症の予防を考慮し、ロサンゼルスでオフライン開催されるはずだった「VCT NAラストチャンス予選」は、施設内よりオンラインのリモートサーバーで試合は実施されました。その為、試合中にサーバー問題が何回も起こり、選手やファンより苦情があり、予選の延期が発表されました。

「100 Thieves」チームのnitr0選手は試合開始までオンラインのリモートサーバーで試合しているなんて想像もしなかったと述べていました。同チームのHiko選手も残念そうに、オフラインの環境ながらのオンラインプレイで、pingがゼロではないことに違和感を感じていると述べていました。それだけではなく、サーバーのラグがひどかったため、ラウンドの勝利獲得に影響があったり、試合が停止したり、問題が山積みでした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする