新しいスタイルの教育を開拓する「ホリエモン」

新しいスタイルの教育を開拓する「ホリエモン」

2021年に開校したZERO International Preschool(ゼロ インターナショナルプリスクール)をご存知ですか?3歳~5歳の子どもに向けた、英語で過ごすプリスクールです。このプリスクールの顧問は、あのホリエモンこと実業家の堀江貴文さんです。「え?ホリエモンが教育?」と驚くことなかれ。この記事では、堀江貴文さんが進出した教育事業について分かりやすくまとめていきます。

ホリエモンとは

ホリエモンこと実業家の堀江貴文(ほりえたかふみ)さんは、1972年に福岡県八女市生まれました。2006年に証券取引法違反容疑により「ホリエモン逮捕」と新聞を華々しく飾った過去もありますが、現在は宇宙関連事業や作家活動のほか、人気アプリのプロデュースなど活動の幅を広く展開しています。

ホリエモンと教育事業の関わり

早期英語教育の最新メソッドを採用した「ZERO International Preschool」

ゼロインターナショナルプリスクールでは、第二言語習得カリキュラム「SUNNY BUNNY英語教育メソッド」を採用しています。これはシンガポールで行われたホリエモン祭において、ビジネスピーチで優勝した英語教育学習事業であり、英語力と共に広い視野を身につけることを目的としています。

ホリエモン主宰・ゼロ高等学院

幼児教育事業に乗り出す以前「ゼロ高等学院(ゼロ高)」を設立しています。ゼロ高は、堀江さんが主宰し、SNS educationが運営しています。カリキュラムは、学習課題以外に週に3日は自分でカスタマイズするという、シリコンバレーのハーカー・スクールを彷彿とさせるようなシステムを採用しており、幅広い人生の選択肢を提供すると共に、社会と繋がる教育事業を展開しています。就学や進学はもちろん、起業家を育てる取り組みにもなっていると話題です。

ホリエモンチャンネルでのコラボ企画

ゼロ高では3ヶ月に1回、ホリエモンに生徒がプレゼンし、フィードバックを貰うことができる「堀江会」というイベントが開催されています。その中からいくつかのプレゼンが、ホリエモンのYouTube「ホリエモンチャンネル」にアップされています。実際に、このホリエモンチャンネルでアップされた元生徒が社会で活躍を始めています。また、ホリエモン自身の考える教育についても言及されているので、興味のある方はぜひご覧になってみてください。

まとめ

新しい教育スタイルで、教育事業にも乗り出した「ホリエモン」。そんなホリエモン主宰のゼロ高からは、すでに起業家が排出され始めているそうです。多様性の社会において、自身で考え、決定し、行動する人材は新しい世界を切り開いていくことでしょう。今後のホリエモンの教育事業から目が離せません!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする