ジョブの基礎 【ファイター編】(Ver. 3.2)

※下記は私の主観が入ってしまっています。ご了承ください。

<目次>

<特徴>

メイン武器は、片手剣。サブ武器は、盾。

攻守ともにバランスの取れたジョブ。対空スキルが乏しいので、ハーピーなどの高度を飛ぶ敵が苦手。

ファイターのアビリティには、物理攻撃をするジョブの攻撃力を上げることができる闘勢壮腕などのアビがあるので、DDONにおいて最も優先して強化するべきジョブとなっています。

地上戦では強斬り崩し天蓋斬り刀牙昇斬-技-or-剛-弐段突き円月斬りなどの攻めるスキル、ガード(盾弾き)、カウンター(逸らし斬り、流剣閃、流盾翔)などの防御、カウンター(兼回避)スキルを駆使しながら戦うのが一般的戦闘スタイル。
また、小回りが利かないがスーパーアーマーを利用してゴリ押しすることができるブレイブスレイドも非常に強力。

しがみつき限定スキル豪溜斬りが弱点をピンポイントで攻撃できることもあり、怒り誘発、コア削り、侵食核破壊、戦甲破壊に非常に有効。
※敵によってはしがみつきによって暴れたり、上空へ飛ぶなど地上戦をしている人に不利な行動をとることもあるので、PT構成や敵の特徴を理解したうえで、地上戦かしがみつき攻撃をするかを使い分けるようにしましょう。

<目次に戻る>

<カスタムスキル(必要度)>

一閃突き(いっせんづき)(★★★☆☆)

攻撃スキルのためLv10必要。
一気に距離が詰められるので雑魚と戦う場合などでは意外とつかえる。
敵との距離が離れていればダメージアップ。
盾キャンセルをスキル終わりに挟んでいくことで、通常のダッシュよりも少々早く移動することができる。

<目次に戻る>

刀牙昇斬(とうがしょうざん)(★★☆☆☆)

性能に価値があるためLv6以上あればよい、Lv10ならばなおよし。
EXスキルは完全に上位互換であるため、習得すると通常版を使う意味は全くない。
打ち上げるように切る攻撃。
雑魚の打ち上げ、盾持ちのガード崩しに有効。
小回りの利くスキルではあるが、ダメージの低さなどから優先度は低い。

<目次に戻る>

〈EX〉 刀牙昇斬(とうがしょうざん) -技-()(★★★★☆)

【追加効果】 前方への攻撃範囲大幅拡張。吹き飛ばし力増加。ダメージ量、チャンス攻力、疲労攻力やや増加。

近距離の通常の刀牙昇斬と同じような攻撃と遠距離の衝撃波による斬撃の2パターンに敵との距離によって変化する。
近距離は大ダメージと小ダメージ×3、遠距離は大ダメージと小ダメージ×2。
遠距離で発動する場合はヒットストップが発生しないため、ダメージ的には連撃1発分低いがほんのわずかに遠距離の方が強いといえる。だがしかし、吹き飛ばし力については、近距離の小ダメージ部分の初撃の吹き飛ばし力が高いため近距離発動のほうが圧倒的に強い。
通常版と‐剛‐よりも吹き飛ばし力が高いため対戦甲用スキルであるといえる。
近距離と遠距離のハイブリットなヒットを行える敵においては刀牙‐剛‐を超えるファイター最高火力をたたき出すことができる。
中型で寝ころびダウンをする敵の場合、足から頭(弱点)にあてにいくことによって、近距離の初撃の大ダメージを足に当て、遠距離の大ダメージ、小ダメージ×2を頭(弱点)に当てるという近距離と遠距離のハイブリットなヒットを狙うことができ、通常撃ちするよりもダメージが高くなる。ただし、最初の当たりが非弱点に当たることとなるため、弱点と比べて0.75倍ぐらいの部位であれば十分だが、ダメージが半分以下になるような場合はこの行動は避けたほうが良い。例えば、モゴックのような体系の敵には相性がかなりよい。サル系の敵でも発動するが相性は悪い。
※バージョン3.0追加EXスキル

<目次に戻る>

〈EX〉 刀牙昇斬(とうがしょうざん) -剛-(ごう)(★★★★☆)

【追加効果】 ダメージ量、ヒット数増加。チャンス攻力、疲労攻力やや増加。人間、竜族、錬金系へのダメージ量増加。

‐技‐でも言えることだが、ダメージが上がっているため立ち回りスキルとして十分な性能となった。
人間、竜族、錬金以外の敵に対しても‐技‐よりもダメージは高い。
多段が1発多い分、コア削りは極々わずかに‐技‐よりも良い。
人間、竜族、錬金の敵限定ではあるが、ダウン時にはダウン火力としても優秀。
※バージョン3.0追加EXスキル

<目次に戻る>

シールドバッシュ( )(★☆☆☆☆)

性能を発揮するためにはLv6以上あればよい。
EXスキルは完全に上位互換であるため、習得すると通常版を使う意味は全くない。
基本的には、無属性打撃攻撃。エンチャントや属性付きの盾を装着することで盾に属性が付与される。
盾自体には攻撃力がないため、攻撃力、状態異常の蓄積量は片手剣に依存する。
敵を怯ませやすく、気絶値もたまるが、強斬り崩しのほうが優秀なので使いどころがない。

<目次に戻る>

〈EX〉 シールドバッシュ( ) -技-()(★★★☆☆)

【追加効果】 ダメージ量やや増加。チャンス攻力、疲労攻力増加。攻撃範囲やや拡張。

通常版は全く使い物にならなかったが、チャンス攻力、疲労攻力がアップしたことにより低い位置のコア限定だがトップクラスのコア削りスキルへと進化した。
チャンス攻力によるコア削りは、通常版がもともとが並みであったためかなり強力となっている。
疲労攻力によるコア削りは、エンチャントを受けて盾に属性を付与させることによりTOPクラスのコア削りスキルへと変化する。エンチャントがない場合は並み以下なので他スキルを選択する方がよい。
氷、雷、闇属性が盾についたもの(オーフリングシェル海、輝、涅など)があるので、そちらを装着することでエンチャ無しでも真価を発揮することが可能。今後全属性が密かに実装されるだろう。
※バージョン3.1追加EXスキル

<目次に戻る>

〈EX〉 シールドバッシュ( ) -剛-(ごう)(★★★☆☆)

【追加効果】 ダメージ量、吹き飛ばし力、気絶攻力が増加。

吹き飛ばし、気絶に特化したスキルで主に戦甲の装甲破壊に真価を発揮する。
通常版と比べて吹き飛ばし力は全体で約1.47倍に向上しており、最後の一撃は約2倍の吹き飛ばし力があるためできるだけ最後の一撃は当てていきたい。
このスキル自体単体では刀牙昇斬-技-の吹き飛ばし力には劣るが、盾攻撃であるため重盾(ファイター)、盾崩(セージ)のアビリティにより強化が可能であり、二つをセットした場合は刀牙技を上回るファイタートップの吹き飛ばし力スキルへの変化する。
また、気絶攻力がかなり高いため戦甲の装甲を攻撃している場合においてもかなりのスピードで敵を気絶に持っていくことが可能。
盾攻撃であるためた倒盾(ファイター)をセットすれば、ウォリの気絶アビをセットするよりもより気絶値をためることができ、ファイタートップクラスの気絶スキルとなる。
※バージョン3.1追加EXスキル

<目次に戻る>

天蓋斬り(てんがいぎり)(★★★☆☆)

攻撃スキルのためLv10必須。
対空スキル。高所の弱点への攻撃にも有効。
威力や性能は決して高くはない平凡なスキルではあるが、高所弱点を攻撃しに行きやすいスキルであるため非常に重宝する。
このスキルを外すとハーピーやワイトなどには為す術がない。

<目次に戻る>

逸らし斬り(そらしぎり)(★★★☆☆)

性能に価値があるためLv6以上あればよい。Lv10ならばなおよし。
カウンタースキル。無敵時間有。火力低め。
無敵時間があるのでガード不能技なども回避可能。
ジャストでダメージアップ。

<目次に戻る>

直下突き(ちょっかづき)(★☆☆☆☆)

性能に価値があるためLv6以上あればよい。
EXスキルは完全に上位互換であるため、習得すると通常版を使う意味は全くない。
戦甲カウンター特化スキル。
チャンス攻力が高い。ダウン狙い用スキル。
発動後前入力と後ろ入力で距離調整が可能。
威力、吹き飛ばし力は高いものの連続発動しにくい点や飛び越してしまうリスクを考えると実用性が極めて低い。
有効に使うのであれば直下突き⇒チャリオットムーブでバック⇒直下⇒チャリ⇒ループ
戦甲カウンター特化スキルに選ばれてはいるものの通常の高さでは1撃で白ヒビにすることはできず、実質戦甲に対して有効に使うことは難しい。狙うのであれば少し高い岩などに上ってから当てに行く必要がある。

<目次に戻る>

〈EX〉 直下突き(ちょっかづき) -技-()(★★★☆☆)

【追加効果】 吹き飛ばし力増加。空中で発動可能。空中で発動した際敵に密着していれば敵を蹴ってより高くジャンプする。

ジャンプ中に発動可能であり、敵に密着して発動すると敵を踏み台にし飛び上がったあと直下突きを繰り出す。高度が上がるとダメージも上がるにもかかわらず、地上発動しかできないという通常版の弱点を克服している。
敵を踏みつけ飛び上がる場合は最大ダメージのでる高度となる。そのため、地形を利用しなくとも自身で戦甲カウンターを狙うことができ、タイミングさえ合えば一撃で戦甲の装甲を白ヒビにすることができる。
吹き飛ばし力に関しては、通常版と比べると直下突き-技-は約1.145倍ほど増加している。
踏みつけモーションにはダメージないが、紫ダメージが発生する。踏みつけで最大ダメージまで飛び上がることで-技-の地上打ちの突き刺しの約2.45倍の紫ダメージとなる。引き抜きダメージについては-技-の地上打ちと同じ。
踏みつけ直下は他火力スキルに並ぶダメージを引き出すことができる。烈墜(シーカー)による伸びしろはあるものの、このアビを付けややっと現状の火力スキルと肩をなられられるレベルであり、さらに突き刺しの大ダメージはカンストしやすい弱点を持つため、あくまで代用という考えがよい。
一見レクス・カタパルタによって強化できそうではあるが、踏みつけジャンプするのとダメージ、モーション時間共にほぼ同じであり、全く強化することができない。
吹き飛ばし力も増加しており、戦甲カウンター特化スキルとしての使いやすさも向上しているものの、地面に接地している部位にしかダメージを与えることができず、動いている敵に対しては少々現実的ではない。
さらに、空中で敵攻撃によって叩き落されるなどの致命的な弱点を持っており、使用者の技量がかなり問われるスキルである。
ダッシュジャンプ中に発動することにより、今までぎりぎり飛び越せなかったところを飛び越すことができる。
※バージョン3.2追加EXスキル

<目次に戻る>

〈EX〉 直下突き(ちょっかづき) -剛-(ごう)(★)

【追加効果】 ダメージ量増加。引き抜きのヒット数増加。ジャンプの飛距離延長。

※バージョン3.2追加予定EXスキル

<目次に戻る>

センチュリオンスパイク( )(★★★☆☆)

性能を発揮するためにはLv6以上あればよい、Lv10ならばなおよし。
盾を構えてガードしながら連続突きができるので攻撃を頻繁にしてくる雑魚敵には有効。
大型のフィニッシュに使った場合は連続突きな分ヒットストップがかかってしまうのでフィニッシュスキルとしては△。
修正によりファイターの中で最も状態異常蓄積の高いスキルとなった。
ガードが出ているため安全に敵を状態異常で固めることができる点などが優秀。

<目次に戻る>

円月斬り(えんげつぎり)(★★★★☆)

攻撃スキルのためLv10必須。
範囲スキル。雑魚処理に特に有効。高火力スキル。
怯みをキャンセルして発動することができるので、乱戦にも積極的に使っていける。
当てる方向によって4HIT~6HITとばらつきが出るので扱いが難しい。

<目次に戻る>

チャリオットムーブ( )(★☆☆☆☆)

性能を発揮するためにはLv6以上あればよい。
ガードを維持したままステップできる。防御しながら移動できるうえに回避としても使える。なんかかっこいい。

<目次に戻る>

弐段突き(にだんづき)(★★★★☆)

攻撃スキルのためLv10必須。
高火力スキル。ダウン火力として非常に有効。
弱点がぶれる敵が苦手。
センチュリオンの次ぐらいに状態異常蓄積が高いのでダウン時の状態異常が狙いやすいスキルでもある。

<目次に戻る>

流剣閃(りゅうけんせん)(★★★★☆)

攻撃スキルのためLv10必須。
カウンタースキル。火力高め。ガードできる攻撃しかカウンターできない。
通常では前進しながら切り込む。発動後に後方入力で切り払いながらバックする。
ジャストでダメージアップ。

<目次に戻る>

ブレイブスレイド( )(★★★★☆)

攻撃スキルのためLv10必須。
モーション中盤からスーパーアーマー有。高火力スキル。モーション長め。
最後の1発は空中攻撃判定なので空撃(シーカー)が乗る。

<目次に戻る>

豪溜斬り(ごうりゅうぎり)(★★★★★)

攻撃スキルのためLv10必須。
発動後ボタン連打によりゲージを溜め、満了となったところで発動する。
発動途中での離脱キャンセル可能。黄色振り払い無効。
しがみつきスキルのため弱点部分に攻撃を入れやすく高ダメージを期待できる。侵食核の破壊にも有効。
さらに、コア削りにも非常に有効。

<目次に戻る>

流盾翔(りゅうじゅんしょう)(★★★☆☆)

性能を発揮するにはLv6以上あればよい、攻撃目的であればLv10必要。
カウンタースキル。発動後高くジャンプし、追加入力で真下へと回転しながら連続で切り込む。
ジャストでダメージアップ。さらにジャストには初撃が追加され雑魚敵を打ち上げる性能がある。
雑魚敵などは打ち上げることでフルヒットも狙え複数体を巻き込めるため非常に強力。
大型に対しては弱点へのフルヒットが難しく、ダメージが稼ぎにくい。

<目次に戻る>

<アビリティ(必須+その他)>

≪ 取得必須アビリティ ≫

敏動(びんどう)(コスト5)

強斬り崩し(ノーマルスキル)のため時間が短縮できる。
現在は以前ほどの存在感はないが、強斬り崩しをコア削りや気絶狙いに使う場合に有効。
※ファイター専用アビリティ

<目次に戻る>

本領(ほんりょう)壮腕(そうわん)闘勢(とうせい)猛攻(もうこう)(コスト8、10、10、12)

物理攻撃の威力が上がる。
本領は、瀕死状態で筋力アップ。筋力+55。
壮腕は、スタミナ維持により筋力アップ。筋力+35。
闘勢は、体力を維持により筋力アップ。筋力+31。
猛攻は、筋力アップ。筋力+18。

<目次に戻る>

軟狙(なんそ)亜狙(あそ)(コスト7、9)

種族への与ダメアップ系アビリティ。軟体、亜人系を相手にする場合必要となる。
※今のところ必要性は薄いが、上記種族の強敵が出てきた場合に必要となる。

<目次に戻る>

軟護(なんご)亜護(あご)(コスト4、5)

種族からの被ダメ軽減系アビリティ。軟体、亜人系を相手にする場合に必要となる。ダメージ25%軽減。
※今のところ必要性は薄いが、上記種族の強敵が出てきた場合に必要となる。

<目次に戻る>

≪ その他のアビリティ ≫

受倒(じゅとう)受拡(じゅかく)受得(じゅとく)受崩(じゅほう)(コスト4、4、4、3)

受倒は、盾弾き発動時に敵を気絶させやすくなる。
受拡は、盾弾きの攻撃範囲が拡張される。
受得は、盾弾きの発動時にスタミナが一定量回復する。
受崩は、盾弾きの発動時に敵の体勢を崩しやすくなる。
※ファイター専用アビリティ

<目次に戻る>

剛腕(ごうわん)圧伏(あつふく)(コスト2、4)

剛腕は、押さえ込み時のスタミナ消費量が軽減される。
圧伏は、押さえ込みの持続時間が延長される。

<目次に戻る>

速離(そくり)(コスト3)

敵に拘束された状態からの脱出が通常よりも容易になる。
大型モンスターに捕まった時はもちろん、延焼などの連打で解除できる状態異常を抜け出すのも早くなる。

<目次に戻る>

狂刺(きょうし)抉突 砕(けつとつ さい)抉突 絶(けつとつ ぜつ)快突(かいとつ)(コスト7、4、4、3)

狂刺は、えぐり突き(しがみつき攻撃)の攻撃スピードを速める。
抉突 砕は、えぐり突きのダメージアップ。チャンス効力、疲労効力アップ。
抉突 絶は、えぐり突きのダメージアップ。絶は気絶攻力が増加。
快突は、えぐり突きのスタミナ消費量が軽減される。
えぐり突きをコア削り目的で使用する場合は狂刺と抉突砕の2つセットがよい。豪溜斬りがある場合はセットする必要はない。スキル枠に豪溜斬りがどうしても入れれない場合の使い分けとなるだろう。
※ファイター専用アビリティ

<目次に戻る>

重盾(じゅうじゅん)倒盾(とうじゅん)強盾(きょうじゅん)堅盾(けんじゅん)(コスト4、8、10、3)

重盾は、盾での攻撃時に敵の体勢を崩しやすくなる。盾攻撃の吹き飛ばし力25%増加。
倒盾は、盾での攻撃時に敵を気絶させやすくなる。
強盾は、盾での攻撃時に与えるダメージ量が増加する。
堅盾は、盾の防御性能向上。
※ファイターとシールドセージ専用アビリティ

<目次に戻る>

意地(いじ)(コスト7)

敵に拘束された状態で受けるダメージ量が軽減される。

<目次に戻る>

無衝(むしょう)(コスト8)

受け身の無敵時間が延長される。

<目次に戻る>

硬台(こうだい)(コスト8)

連係投げ構え中に受けるダメージ量が軽減され体勢を崩されにくくなる。ダメージ30%軽減。

<目次に戻る>

不屈(ふくつ)(コスト5)

物攻低下の状態異常にかかりにくくなる。

<目次に戻る>

強靭(きょうじん)(コスト8)

打属性攻撃によって受けるダメージ量が軽減される。ダメージ25%軽減。

<目次に戻る>

連撃 倒(れんげき とう)連撃 砕(れんげき さい)(コスト3、3)

どちらも連撃(ノーマルスキル)のダメージ量が増加する。倒が吹き飛ばし力が増加。砕がチャンス攻力と疲労攻力が増加。
※ファイター専用アビリティ

<目次に戻る>

斬崩 倒(ざんほう とう)斬崩 絶(ざんほう ぜつ)(コスト3、4)

どちらも強斬り崩し(ノーマルスキル)のダメージ量が増加する。倒が吹き飛ばし力が増加。絶が気絶攻力が増加。
※ファイター専用アビリティ

<目次に戻る>

崩攻(ほうこう)(コスト4)

敵のガードを崩すと一定時間攻撃力が上昇する。

<目次に戻る>

強連 倒(きょうれん とう)強連 砕(きょうれん さい)(コスト4、4)

どちらも強連撃(ノーマルスキル)のダメージ量が増加する。倒が吹き飛ばし力が増加。砕がチャンス攻力と疲労攻力が増加。
※ファイター専用アビリティ

<目次に戻る>

硬溜(こうりゅう)(コスト4)

溜め動作中に受けるダメージ量が軽減される。ダメージ15%軽減。
溜め攻撃のほか詠唱中にも効果がある。

<目次に戻る>

<他ジョブのアビリティ(必須+おすすめ)>

≪ 他ジョブの必須アビリティ ≫

◆ 攻炎、攻氷、攻雷、攻闇、攻聖(ソーサラー)

武器に属性が付いている場合、攻撃の威力が上がる。(すべてのジョブで必須)

<目次に戻る>

◆ 剛攻(シーカー)

筋力を上げるアビリティ。物理攻撃の威力が上がる。(すべての物理攻撃ジョブで必須)

<目次に戻る>

≪ 他ジョブのおすすめアビリティ ≫

◆ 烈当、精当、重当(ウォリアー)

気絶効力が上昇する。烈当は体力維持系。精当はスタミナ維持系。
すべての攻撃に気絶値が乗っていくため敵を気絶にさせやすい。
強斬り崩しや盾弾きやシールドバッシュ剛で気絶を狙う場合に有効。
盾での気絶を積極的に狙っていく場合は、倒盾を一つセットした方が上記よりも気絶攻力が上がる。

<目次に戻る>

◆ 握烈(シーカー)、豪握(ウォリアー)

しがみつき時の攻撃の威力が上がるアビリティ。
豪溜斬りで有効。特に怒り誘発、侵食核破壊、白ヒビ破壊などで有効。コア削り時の怒り飛びには注意が必要。

<目次に戻る>

<コア削り用スキル>

≪ 疲労攻力によるコア削り ≫

◆ 豪溜斬り、シールドバッシュ‐技‐(属性付与有)、強斬り崩し(+敏動)、弐段突き、刀牙昇斬‐技‐or‐剛‐、天蓋斬りなど

コアの位置によって豪溜斬り、強斬り崩し、天蓋斬りの3つを使い分けていくのがベスト。

主にコア削りには豪溜斬りが有効である。
※豪溜斬りを入れていない場合は、えぐり突き(+狂刺、+抉突 砕)をするのもあり。だが、えぐり突きを強化するためにアビリティコストが11埋まるのが難点。

豪溜斬りで狙いにくい低いコアに対しては、シールドバッシュ‐技‐(属性付与有)、強斬り崩し(+敏動)が有効。
※シールドバッシュは、エンチャントを受けることによりコア削りがTOPクラスになる。エンチャントを受けていない場合は並み以下の性能。

ゴルゴランなどのスピードが求められるコアには弐段突き刀牙昇斬‐技‐or‐剛‐などの出が早いスキルもあり。
※刀牙昇斬‐技‐、‐剛‐は多段ヒットが高い位置に当たりやすいため、コアに集中ヒットしない場合は避けたほうがいい。

小回りが利きにくいがブレイブスレイドも優秀。

しがみつきが適さない状況、敵、かつコアが高い位置にある場合は、天蓋斬りで削るしかない。

<目次に戻る>

≪ チャンス攻力によるコア削り ≫

◆ 豪溜斬り、流剣閃、シールドバッシュ‐技‐、弐段突き、刀牙昇斬‐技‐or‐剛‐など

コアの位置、敵の大きさによって使い分けていくのがベスト。

主にコア削りには豪溜斬りが有効である。
※豪溜斬りを入れていない場合は、えぐり突き(+狂刺、+抉突 砕)をするのもあり。だが、えぐり突きを強化するためにアビリティコストが11埋まるのが難点。

豪溜斬りで狙いにくい低いコアに対しては、シールドバッシュ‐技‐が強力。そのほかにも弐段突き刀牙昇斬‐技‐or‐剛‐などが有効。小回りが利きにくいがブレイブスレイドも優秀。

しがみつきが適さない状況、敵、かつコアが高い位置にある場合は、天蓋斬りで削るしかない。

チャンス攻力が最も高い直下突きも強力ではあるものの、扱いにくい点や低いコアしか狙えないため実用性は低い。使う場合は、直下突きチャリオットムーブ→繰り返しが有効。
直下突き‐技‐であれば、踏みつけ直下。

敵が中型の場合は地上戦をメインに削っていくのがほうがよい。

一閃突きシールドバッシュ弐段突き刀牙昇斬‐技‐or‐剛‐などの小回りが利くスキルが有効。

流剣閃といったカウンタースキルもチャンス効力が高いので積極的に狙っていきたい。

<目次に戻る>

<吹き飛ばし力スキル>

≪ ブレイク用スキル ≫

◆ 豪溜斬り、天蓋斬りなど

ソーサラーやアルケミストのようにブレイクが飛びぬけているわけではないので、
主にコア削りと並行して行うのがベストです。

弱点へ当てに行けるスキルのほうがブレイクが狙いやすいため、豪溜斬りが有効。

天蓋斬りの吹き飛ばし力はさほどでもないが、弱点に当てに行ける分ブレイクの貯まりは悪くはない。

刀牙昇斬‐技‐や盾弾き(+受崩)やシールドバッシュ-剛-(+重盾盾崩)やブレイブスレイドなども高めではあるが弱点が低い敵以外には向かない。

<目次に戻る>

≪ 戦甲紫ダメージ用スキル ≫

◆ 刀牙昇斬‐技‐、シールドバッシュ-剛-(+重盾or受崩)、直下突き-技-、豪溜斬り、盾弾き(+重盾or受崩)など

敵の足元や部位が下がってきている場合は刀牙昇斬‐技‐が有効。
※吹き飛ばし力に関しては攻撃力と違い、初撃と連撃の初段が高い吹き飛ばし力があるため、近距離の発動のほうが強い。

上記に次いでシールドバッシュ-剛-(+重盾or受崩)も吹き飛ばし力が高い。さらに、こちらは敵を気絶させやすいおまけ付き。
※盾攻撃であるため、重盾(ファイター)、盾崩(セージ)で吹き飛ばし力を強化でき、2つをセットした場合に限り刀牙技を上回る。刀牙技と同程度にするために最低でも重盾は付けて使用したい。重盾、盾崩をセットしていない場合は、刀牙剛よりわずかに劣る。また、重盾、盾崩は下記の盾弾きにも効果が乗るため、盾弾きもしっかり使っていきたい。

上記には劣るが刀牙昇斬-剛-も十分な吹き飛ばし力があり、悪くはない。
※刀牙剛はバッシュ剛(アビ無し)よりもわずかに強いが、アビをつけたバッシュ剛、刀牙技には劣るため、あくまで上記を入れていない場合の代用となるだろう。バッシュ剛アビ2>刀牙技>バッシュ剛アビ1>刀牙剛>バッシュ剛アビ0という感じ。

地面に接地した部位であれば、踏みつけジャンプからの直下突き-技-も有効であり、戦甲カウンターが発動すれば、一撃で白ヒビにすることができる。
※他スキルに劣らない吹き飛ばし力を持ってはいるものの、癖が強いため扱いが難しい。だが、一撃で白ヒビにできる可能性がある。通常版に関しては、戦甲カウンター特化であるもののそもそも当てるのが難しく一撃で白ヒビにするには高い位置からの攻撃を必要とするため実用性は極めて低い。

高い位置の戦甲に対しては豪溜斬りが有効。

盾弾き(+重盾or受崩)の吹き飛ばし力も馬鹿にできないのでお忘れなく。
※重盾、盾崩があるとさらにパワーアップ。

<目次に戻る>

<ダウン狙い用スキル>

◆ 直下突き、シールドバッシュ、弐段突き、ブレイブスレイドなど

直下突きがもっとも敵をダウンさせるのが早い。-技-であればなおよい。

直下突きを入れていない場合は、シールドバッシュ弐段突き、ブレイブスレイドが有効。
PTでダウンを狙っていく場面はモーションが短めのシールドバッシュ弐段突きのほうがよいだろう。
さらに一閃突きゼロ距離連打、刀牙昇斬‐技‐、‐剛‐もあり。
※一閃突きは優秀だが突き抜ける可能性があるので注意必要。刀牙技剛は性質上連撃部分のヒットが弱点から外れることがあるのでしっかり弱点に当たるようならさらに優秀。

<目次に戻る>

<フィニッシュ用スキル>

◆ 刀牙昇斬‐剛‐、弐段突き、ブレイブスレイド、円月斬り

敵にあわせて上記を使い分けていくのがベスト。

主に弐段突き刀牙昇斬‐剛‐がダウン時の火力としては有効です。
※盾キャンセルの有効度が高いことから盾キャンをしっかりできれば、刀牙剛のほうがわずかに勝る。

弱点が異常にぶれるなど弐段突き刀牙昇斬‐剛‐が安定して当たりにくい敵に対しては、ブレイブスレイドもしくは円月斬りを使っていくのがよい。
※円月斬りは6ヒットさせれば強いがヒット数にバラつきが出やすいため安定感はいまいち。

人間、竜族、錬金限定で、刀牙昇斬‐剛‐が最高火力となる。
※3種族限定で通常の剛よりも10%ダメージが上がるため、他スキルよりも高いダメージをたたき出すことができる。

刀牙昇斬‐技‐が近距離、遠距離のダブルヒットが狙える敵に限り、ファイター最高火力となる。
※通常の刀牙技はダウン火力としては上記スキルなどからは劣る。だが、近距離の大ダメ―ジをヒットさせ、遠距離の大ダメージ、小ダメージ×2を弱点にヒットさせることにより、刀牙剛を超えてくる。目安としては弱点にヒットした遠距離大ダメージの約7割以上を近距離の大ダメージ部分で出せていれば刀牙剛を超える最高火力となる。人間、竜族、錬金の敵の場合は約9割以上近距離ダメージで出せば刀牙剛を超えるが、現状ではこの3種では剛を使った方がよい。

<目次に戻る>

<おすすめ武器クレスト>

※下記は複合クレスト以外でのおすすめになります。

◆ 属性クレスト×1個+物理攻撃力アップクレスト×3個

攻撃メインの赤ジョブは主にこのかたちが一般的です。
例:氷凍結のクレスト1個+剛力クレスト3個

<目次に戻る>

◆ 状態異常クレスト×4個

センチュリオンスパイクの驚異的な状態異常蓄積値で敵を速攻状態異常にかけることが可能。
特に小型中型には、凍結、石化などで敵を拘束し、安全な状態で武器を持ち替え火力スキルで攻撃するという手も。

<目次に戻る>

<カスタムスキルセット例>

コア削り用、ダウン狙い用、フィニッシュ用スキルは必ず入れましょう。(併用できるスキルがあると便利)

● 弐段突き、刀牙昇斬‐技‐、豪溜斬り、ブレイブスレイド(汎用スキル組み合わせ)

● 一閃突き、天蓋斬り、流剣閃、円月斬り(汎用スキル組み合わせ)

● 直下突き、逸らし斬り、弐段突き、円月斬り(シャドーキメラなどの敵用)

※セット例ですので自分の使いやすいスキル、敵に合わせたスキルをお使いください。

<目次に戻る>

<テクニック>

◆ ジャストガード(盾弾き)

通常のガードではスタミナを消費してしまうが、ジャストガード(盾弾き)であればスタミナを消費しない上に敵に衝撃波で攻撃する。盾弾きは吹き飛ばしや気絶値が高め。
受倒、受拡、受得、受崩、重盾というアビで強化可能。
受崩はコスト3、重盾はコスト4だが強化される吹き飛ばし力は受崩のほうが高い。

<目次に戻る>

◆ ジャストカウンター

ジャストガードの要領で逸らし斬り、流剣閃、流盾翔のカウンタースキルを発動することにより、威力アップ。

<目次に戻る>

◆ ガードキャンセル(盾キャン)

スキル発動後、次のスキルが発動可能になるよりも先にガードを発動させることができることを利用したテクニック。
スキルの終わり際をガードでキャンセルすることによりスキルの発動時間をほんの少し縮めることができ、ガードからは即スキルが発動可能であるため、これを繰り返すことによりスキルの回転率をほんの少し上げることが出来るテクニック。
大成功は盾を構えるモーションが見えない。盾が一瞬見えてしまっても少なくとも通常撃ちするよりは極極々わずかに早く発動できる。
※元々極々微量の短縮であるため、ガッツリガードが発動してしまい発動時間を逆に縮められていないようならば使う意味がないので注意が必要。
例: 刀牙昇斬→ガード→刀牙昇斬→ガード→ループ などなど
スキル発動の後にガードを発動するため、ガードを使用する側にスキルを入れておくと発動しやすい。 (コントローラーでいうことろのLボタン側)
※ちなみに、L(ガード)ボタンを押したままスキルボタンを連打しているとガードが出ず短縮されない。ガードキャンセルせず連打している場合と同じ状態となってしまう点に注意が必要。スキルボタンをタイミングよく押す必要があり、連打は厳禁である。
また、スキル発動後の隙を縮めることにもなるので、スキル発動後の咄嗟のガードとしても有効。

<目次に戻る>

◆ ガード不能技の回避法

ガード不能技を逸らし斬りの無敵時間でかわす方法。

<目次に戻る>

◆ 気絶狙い

ファイターはシールドバッシュ-剛-や盾弾きや強切り崩しなどの気絶を狙いやすいスキルがあるため、PT構成によっては狙っていくのもあり。
※セージやエレアチャがいれば狙う必要もないが、ほかにもう1人気絶を狙えるジョブがいれば気絶を狙うのもあり。

<目次に戻る>

◆ 豪溜斬りの連打力

連打が早ければ早いほど早くフィニッシュできる。

<目次に戻る>

◆ 円月斬りのHIT数

円月斬りを5HIT~6HITする方向を理解しましょう。
(円月の進行方向に対して正面~左斜め前に対象がいると4HITになる気がします。)

<目次に戻る>

◆ ブレイブスレイド+バック円月斬り

6HITとなる円月斬り背面(後退するように)当てをするのを前進するブレイブスレイドと組み合わせたもの
(背面当ては後退するため連続でしようできないがそれをブレイブスレイドで補うというもの)
※必須テクニック(組み合わせ)というわけでもないが、ただブレイブスレイドをするだけよりも多少DPSは上がる。組み合わせとしては◎

<目次に戻る>

◆ 流盾翔ジャンプからのしがみつき

カウンタースキル流盾翔の飛び上がり後の追加入力(攻撃)をせずに、敵にしがみつく。
通常のジャンプ以上の高さまでジャンプすることができるため、背の高い敵などの弱点に素早くしがみつけ、攻撃や揺さぶりが行える。
天蓋で届かない位置まで飛び上がっている敵であっても地面に魔法などの攻撃を撃ってくる敵であれば流盾翔で受けて飛び上がることができるので、そのまましがみつき、豪溜斬りなどをおこなえる。

<目次に戻る>

◆ 刀牙昇斬‐技‐の近、遠ダブルヒット

本来であれば刃が当たると近距離ヒットになり、当たらないと斬撃破の遠距離ダメージへと変化するスキルであるが。
限定的な場面において、近距離の1ヒット目、遠距離の1ヒット目、2~3ヒット目。という両方のダメージが発生する。
※例:モゴックなどの中型寝ころびダウンの敵の場合は、脚からヒットさせて遠距離を弱点の頭にヒットさせる。また、マキナ2種に対してはなぜかヒットストップが発生しないため、かなりの高火力を出していける。
近距離は主に非弱点部位に当て、遠距離を弱点に当てることとなるため、近距離部分が遠距離の1ヒット目の役7割以上のダメージが出る場合に限り刀牙剛を超える最高火力となる。それ以下であれば他火力スキルを使用した方がよい。

<目次に戻る>

<まとめ>

しがみつきが良い場面と悪い場面の見極めをできるようにして、豪溜斬りを有効に使おう。

敵の攻撃は盾弾きかカウンターでかわそう。

フィニッシュは刀牙剛、弐段。うまく当たらない敵にはレイドor円月!!

<目次に戻る>

あわせて読みたい

3件のフィードバック

  1. 通りすがりの覚者さん より:

    祝! 新規オープン
    気づいたことがあります。
    シールドバッシュ剛のみで気絶を狙うなら、烈当重当は無しで倒盾のみで良いですね。
    クレストで状態異常気絶21と品質変更気絶攻力15の計37の気絶値の武器で鍛練部屋のサイクロの同じ部位(脚)にアビなし、
    烈当のみ、重当のみ、倒盾のみ、3つ全ての5パターンで気絶入るまで何発必要か調べてみました。
    アビ無し 20発
    烈当のみ 18発
    重当のみ 18発
    倒盾のみ 12発
    3つ全て 11発
    となりました。 精当は調べてません。
    盾攻撃に武器の状態異常や攻力がどのくらい乗るのか分かりませんが、
    バッシュ剛での気絶しか狙わないなら倒盾のみ付けて烈当重当は付けずにその分他のアビに回すべきですね。
    烈当重当がバッシュ剛に与える効果の少なさと、倒盾の強さがかなり意外でした。 
    シールドバッシュ剛自体が状態異常蓄積値は低いようなので武器の気絶クレスト分の影響は微々たるもののようです(?)
    と、気づいたことを少し検証しただけで感じたまま書き綴りましたが、勢いで書いちゃった感が否めないので間違い勘違い等有っても
    許しくてださいm(__)m

    • ゆうらん より:

      通りすがりの覚者さんコメントありがとうございます。

      たしかに、バッシュ剛で気絶させてから動きを止めて倒す戦法でいくならおっしゃるとおりで、倒盾だけ入れとけばいい感じですね(*’ω’*)
      リミット解除やら、品質変更やらを考えると烈当や重当の+15や+12は少々少なすぎるとういうのが現状ありますね((+_+))
      コメントいただいた内容を踏まえて少々書き足しておきたいと思います。

      ただ、気絶で固めて倒すよりも特化武器でのセンチュリオンで石化、黄金化、凍結、気絶で固めて倒す方が強いというのが現状あるので、バッシュ剛の出番はなかなか現れなさそうです(´ρ`)
      確かに同じ武器ならバッシュ剛の方が気絶は上ですが、長所が少々弱い気がしますね( ;∀;)

  2. ゆうらん より:

    通りすがりの覚者さんより、

    何か結局、戦甲でも中型までは攻撃の間合いを調整すれば頭も腕も背中も
    刀牙技が届くからバッシュ剛要らない気がする。
    刀牙技が届かない高いところはどっちにしろ豪溜か天蓋かなんだし重装や、今後重装を凌ぐような
    超重装的な戦甲敵が出てくればバッシュも使いどころあるんですかね。
    盾吹き飛ばしアビ付けてまでバッシュ使うのは現実的じゃないし、リーチとか考えても
    戦甲には刀牙技一択で良いと思う。 まあ、気絶は魅力あるけど。
    隙のない動作、体型次第で大ダメージ部分が多段ヒットすること、戦甲の壊しやすさを考えると刀牙技は星5でも良くないですか?

    というコメントを旧ブログで頂きましたので、大変勝手ながら新ブログにてお返事させていただきます。

    通りすがりの覚者さんコメントありがとうございます。
    私も現実的に考えたら刀牙技が吹き飛ばし技の中では一番いいスキルと考えております。
    アビをつけることによる伸びしろがあるところがバッシュのよいところではないでしょうか。
    刀牙技についてですが、ダウン火力としてみた場合に状況によっては火力スキルの中では最強にも最弱にもなるスキルです。そのような状況を選ぶスキルに対しては私は★5は設定しておりませんので、現状は★4ぐらいかなぁと思っております。
    ただ、お互いに強みと弱みのある刀牙技と剛がせめてパレットは別でも同時にセットできるのであれば、どちらも★5でよいレベルの強さですね。
    ご意見を踏まえて現状は弐段突きが、刀牙EXに押され気味なので弐段突きの★を下げました。

コメント(無記名の場合でも送信可能です)

メールアドレスが公開されることはありません。