装備の基礎 【ジュエリー編】


ジュエリーの構成が最強への第一歩!!

通常ジュエリーはジュエリースロットに5つまで装備することができる

上級ジュエリーはジュエリースロットに同系統は2つまでしか装備することができない

上級ジュエリーには上級リング上級ピアス上級ブレスレットの3種類がある。
※上級リングは3個以上装備不可。上級ピアスは3個以上装備不可。上級ブレスレットは3個以上装備不可。

各ジョブごとに1つジョブエンブレムストーンという強化していくことができるジュエリーがある。
※ジョブエンブレムとは、各ジョブごとにアビリティ付き、効果付きのジュエリーを最大4つまで継承できるジュエリーでジュエリースロットに1つ装備することができる。

黒呪島でゲットできる上級ブレスレットが非常に強力で、ジュエリー枠強化には黒呪島を回ることが必須とも言える

<目次>

<ジュエリー構成について>

ジュエリーには攻撃力、防御力、アビリティ付きの上級ジュエリーなどいろいろな特色をもったものが存在するが、まず第一に考えたいのは攻撃力を最大元に引き出すための構成である。

基準となるのが一般的なプレイヤーがジュエリーで出すことができる攻撃力の最大の状態の攻撃力6が2個、攻撃力5が3個の攻撃力+27の状態である。
※例:物理であれば、物理攻撃力+6(スタールビーリングなど)2個と物理攻撃力+5(戦将のリングなど)3個。魔法であれば、魔法攻撃力+6(ヴァルキリーリングなど)2個と魔法攻撃力+5(魔皇のリングなど)3個。
ここからできるだけ攻撃力を減らさないように戦況に応じたアビリティ付きの鑑定ジュエリーなどに変えていくことが重要である。

3.2から実装された黒呪島でゲットできる黒呪装具(上級ブレスレット)が以前までのジュエリーを遥かに凌駕する性能を持っており、高性能の黒呪装具をゲットすることが高ステータスへの鍵となった。

黒呪ブレス実装にともない、ジュエリー枠で出せる最大攻撃力は、エンブレム(+10)、上級リング(+6)、上級極ピアス(+7)、黒呪ブレス(対敵特効の+45、+45)の攻撃力+113と今までの4倍近くにまで到達できるようになっており、ジュエリー枠を強化するには黒呪島を回ることはもはや必須とも言える。

ドグマには攻撃対象のモンスターへのダメージがそれ以上増えなくなるカンスト値(敵によって違う)があり、攻撃力を増やしてもダメージが増えなくなる攻撃力のカンストと9999ダメージで振り切ってしまうダメージのカンストがある。

同格以下の敵であれば、黒呪ブレスなどを装備すれば攻撃力のカンスト値に近づけることができるため、攻撃力を少し上下させてみて攻撃力がカンストしているようであれば、攻撃力の付いたジュエリーはいくつか無駄になってしまっている。そのため、アビリティの付いた上級ジュエリーなどに臨機応変に付け替える必要がある。

≪ジュエリー枠設置例≫

現状のジュエリー枠の理想的なかたちは下記のようになるだろう。ただし、上級ジュエリーはランダムであるため、自身のゲットしているものを戦う敵によって臨機応変に変化させる必要がある。

1スロット:ジョブエンブレム
2スロット:上級リング(攻撃力6)or上級ピアス
3スロット:上級リング(攻撃力6)or上級ピアス
4スロット:上級ブレスレット(黒呪装具)
5スロット:上級ブレスレット(黒呪装具)
※装備する位置はそこまで重要ではないが、頻繁に交換するジュエリーは基本的に一番下の5スロット目にセットするのがよい。
※ステータスを開いた際に武器にカーソルが来るが、上入力(一番下に)、左入力(右へ)と逆入力することで5スロット目はカーソルを移動させやすいため。

第1のスロットには基本ジョブエンブレムストーンをいれることになるだろう。

残りの第2~3のスロットには上級リングの物攻4(物理攻撃力+6)、魔攻4(物理攻撃力+6)2個を優先し、次にどうしても入れたいアビリティ付きの上級ピアス、上級リングなどの効果付きのジュエリー、上記がなければ攻撃力+5のジュエリーを装備しよう。
※上級リングのアビリティに関してはどれが入っているかは二の次であり、攻撃力6のもの2個を優先させたい。

残りの第4~5のスロットには黒呪上級ブレスレット2個。中でも物理or魔法攻撃力+15や対敵特効+45などの攻撃力となるものを優先させたい。
※攻撃力が上限まで達している場合は、アビリティ付きのものに片方交換するなど状況に応じた付け替えも重要となる。
※黒呪ブレスは、良いものが手に入るかは運であるため、できるだけ高い数値のものを選択したい。

基本的には攻撃力優先が望ましいが、防御系ジュエリー、アビリティを付けることにより敵の攻撃を耐えることができるのであればそちらでもよい。
 
<目次に戻る>

<ジョブエンブレムストーンについて>

ジョブエンブレムストーンは、各ジョブに一つ用意された自信でカスタムすることができるジュエリー。

ジョブエンブレムにはアビリティ付き、効果付きジュエリーの効果を継承することができる。

さらに、固有のLvをPPによってあげることができ、そのポイントでジュエリーの攻撃力、疲労攻力などのステータスを上げることができる。
※このステータスは黄金石10個によって振り直しを行うことができる。

現状どれが正解かというのは難しいが、振り直しが非常に高くつくため自分に必要なステータスが明確になった時点で振るというのがよいだろう。

振って損しないステータスでいうと、物理攻撃力、魔法攻撃力(ジョブによってどっちか)と疲労攻力とチャンス攻力の3つであれば振っても損をするということはないだろう。

現状では最大でLv20、継承スロット4個にすることができる。

重要ステータスである物理or魔法攻撃力の最大値が+10であるため、Lv20までに攻撃力は+10にしておきたい。

Lv15まででバランスよく振るなら、攻撃力+9、疲労攻力+10、チャンス攻力+10。
※Lv15までで攻撃力に極振りしていればLv15の時点で攻撃力を+10にすることができる。
Lv20でででバランスよく振るなら、攻撃力+10(MAX)、疲労攻力+12、チャンス攻力+12。(余り1)
※余り1は気絶や生命治癒力などに使うのもいいだろう。

ポイント振りについては責任取れませんので、よく考えて行ってください。
 
<目次に戻る>

<通常鑑定ジュエリー(上級ジュエリー)>

専用アイテムを交換することでゲットできるジュエリー。

攻撃力や防御力などのステータスがランダムで付いており、さらにランダムでアビリティがLv1~3のものやLv1~4のものが付いている。

上級ジュエリーで最も優先させたいものは上級リング物攻4(物理攻撃力+6)、魔攻4(物理攻撃力+6)を2つつけること。

上級リングに付与されているアビリティについては下記のものを優先させたい。
第一優先は、猛攻Lv4、魔双Lv4。次いで、自回Lv4。次いで、その他のアビリティ。
※ダウン火力に関わる重要アビリティの強附、攻火、攻氷、空撃、烈墜などなどはLv6を優先でアビリティ枠にセットすべきであり、あくまでジュエリー付くものは入らなかった場合のおまけである。
※物攻4(物理攻撃力+6)猛攻Lv2と物攻3(物理攻撃力+4)猛攻Lv3では、物攻4猛攻Lv2の方がわずかに強いが、誤差程度であり物攻3猛攻Lv3でも十分。格下には攻撃力が上限に到達し攻撃力を+する意味がなくなるので、物攻3猛攻Lv3の方が優秀となる場面もある。

上級ピアス、上級ブレスレットに付与されているアビリティについては下記のものを優先させたい。
第一優先は、自回Lv4。次いで、猛攻Lv4、魔双Lv4。次いで、その他のアビリティ
※ダウン火力に関わる重要アビリティの強附、攻火、攻氷、空撃、烈墜などなどはLv6を優先でアビリティ枠にセットすべきであり、あくまでジュエリー付くものは入らなかった場合のおまけである。
※あくまで上級リングに入れることができなかったアビリティを付けるという考え。
※猛攻Lv3、魔双Lv3に関しては、攻撃力+5とほぼ同等ではあるものの、格下の攻撃力が上限に到達している敵には攻撃力を+する意味がなくなるので猛攻、魔双を付けている方がよくなる場面があり、使い分けが重要。

そして特につけるべき鑑定ジュエリーがない場合は極力攻撃力+5の通常ジュエリーをセットする方が最善。
 
<目次に戻る>

<竜彫りの秘装具(上級ジュエリー)>

500PPと交換できるジョブ専用鑑定ジュエリー。ランダムでアビリティがLv3~6のものが付いている。
上級リング、上級ピアス、上級ブレスレットの3種からランダム。
各ジョブのアビリティが付いており、そのジョブでしか装備できず、他ジョブに装備することができない。
※ジョブエンブレムに継承すれば、他ジョブに使用することができる。

【ファイター】 (竜彫Ⅰ)敏動 狂刺 受崩 受倒 受得 (竜彫Ⅱ)受拡 闘勢 強盾 重盾 亜狙
【シーカー】 (竜彫Ⅰ)延縄 縄倒 避旋 高跳 跳避 (竜彫Ⅱ)力跳 巨狙 乱斬 砕 深攻 剛攻
【ハンター】 (竜彫Ⅰ)精密 充矢 巧填 侵矢 匠填 (竜彫Ⅱ)集中 拡撃 充実 射極 鬼狙
【プリースト】 (竜彫Ⅰ)緩療 漲魂 慈覧 長露 激励 (竜彫Ⅱ)腐狙 骨狙 癒気 詠 魔猛 硬気
【シールドセージ】 (竜彫Ⅰ)異彩 烈放 過給 岐精 長守 (竜彫Ⅱ)積吸 貪吸 見極 堅牢 気鋭
【ソーサラー】 (竜彫Ⅰ)倒陣 精唱 麗詠 続詠 魔精 (竜彫Ⅱ)魔増 胆唱 魔抗 魔狙 倒力
【ウォリアー】 (竜彫Ⅰ)超恨 熟怨 斬刻 初突 渾身 (竜彫Ⅱ)烈当 勇攻 獣狙 快閃 魔斬 砕
【エレメントアーチャー】 (竜彫Ⅰ)一勢 拡助 迅矢 延療 自療 (竜彫Ⅱ)勢命 霊狙 闘矢 瞬 助矢 瞬 通眼
【アルケミスト】 (竜彫Ⅰ)挑錬 侵錬 延囮 速錬 舞活 (竜彫Ⅱ)快錬 竜狙 硬視 錬爆 倒 頑強
【スピリットランサー】 (竜彫Ⅰ)延臨 避活 長癒 臨堅 避霊 (竜彫Ⅱ)触攻 属附 侵狙 槍墜 倒 霊蓄
【ハイセプター】 (竜彫Ⅰ)魔充 延印 烈翔 節魔 節補 (竜彫Ⅱ)強弾 加吸 勇鎮 戦狙 常撃

※上記に書いたように上級ジュエリーは上級リング攻撃力6を優先させるため、ジョブ専用ジュエリーが上級リングであった場合攻撃力を付けることができず、同レベル帯アビ付きのものなかではハズレとされてきたが、ジョブエンブレムに継承することができるようになり、仮に上級リングでゲットしても損することがなくなった。
※黒呪ブレス登場により、上級ブレスレット枠に攻撃力を2個装備する方がよくなり、上級ブレスレットよりも上級リングや上級ピアスの方がよい場合がある。

 
<目次に戻る>

<黒呪装具(上級ジュエリー)>

黒呪島でゲットできるジュエリー。ランダムで攻撃力や状態異常やアビリティがLv4~6のものが付いている。
全て上級ブレスレットで、全てのジョブで装備可能。

【ステータス】
物理攻撃力 魔法攻撃力 物理防御力 魔法防御力 体力 スタミナ 生命治癒力 耐久力 吹き飛ばし力

【状態異常】
黄金化 睡眠 石化 遅延 軟化 物防低下 魔防低下 物攻低下 魔攻低下 気絶攻力
ファイアフォース アイスフォース サンダーフォース ライトフォース ダークフォース

【種族対敵特効】
亜人 骸骨 鬼人 巨人 呪詛 獣 侵食 人間 戦甲 造魔 腐死 魔族 有翼 竜族 霊体 錬金 軟体

【アビリティ】
敏動 狂刺 受崩 受倒 受得 猛攻 強靭 精密 充矢 巧填 侵矢 匠填 剛力 硬皮
緩療 漲魂 慈覧 長露 激励 加護 異彩 烈放 過給 岐精 長守 壮健 活性 溌剌 緩刃
延縄 縄倒 避旋 高跳 握烈 与震 耐握 跳避 空撃 烈墜
倒陣 精唱 麗詠 続詠 攻炎 攻氷 攻雷 攻聖 攻闇 魔双 魔精
一勢 拡助 迅矢 延療 自療 自回 快癒 炎襲 氷襲 雷襲 聖襲 闇襲
超恨 熟怨 斬刻 初突 重当 重攻 高堪 渾身 挑錬 侵錬 延囮 速錬 舞活 盛精 快動 英気
薬効 延臨 避活 長癒 臨堅 避霊 強附 魔充 延印 烈翔 節魔 節補 武運 源運 活鎮

※黒呪装具が上級ブレスレットであるため、竜彫ジュエリーや至高ジュエリーなどでは上級リングや上級ピアスのほうが望ましい。
 
<目次に戻る>

<至高ジュエリー(上級ジュエリー)>

2000PPの至高の戦功勲章を4個または3個と交換できる複合アビリティジュエリー。
各アビリティの効果自体はLv7相当(通常のものはLv6までだがそれ以上の効果)。

◆ 戦徒(友体友活友攻友魔友防友護
装備するだけでポーンが強化される。ポーンのほうがプレイヤーより強くなるジュエリー。

◆ 探究(探採宝眼延泉安着流断薬効
冒険の補助。アイテム制限のあるコンテンツなどでの薬効のためのジュエリー。

◆ 侵滅(侵壊侵護減侵豪握強壮
対侵食用ジュエリー。しがみつき攻撃ダメアップ用ジュエリー。

◆ 夜帝(羅刹夜叉空滅速離聖体
空中攻撃ダメアップ用ジュエリー。夜だけHPとスタミナアップのおまけ付き。

※入手難度が高く、複数ジョブで使いまわしたい効果であるため、ジョブエンブレムへの継承にはあまり向かない。侵滅、夜帝はもう一つ持っていれば継承するのもあり。
※黒呪ブレス登場により、上級ブレスレット枠に攻撃力を2個装備する方が多くなり、上級ブレスレットはある意味ハズレといえる。

 
<目次に戻る>

<その他の効果付きジュエリー>

≪通常ジュエリー≫
祝福のルーキーズリング
握速の腕輪
飛翔の腕輪
快走の腕輪
楽装の腕輪
老甲晶のリング 野良アドタラスクからドロップ

≪上級リング≫
デプスオパールリング 野良カトブレパスからドロップ
邪眼の指輪 クエスト「いにしえの邪眼」のイービルアイからドロップ
炎魔の指輪 クエスト「暗晦の炎」のイフリートからドロップ

≪上級ブレスレット≫
握速の腕輪・極 イベント限定品
楽装の腕輪・極 イベント限定品

≪上級ピアス≫
飛翔のピアス・極 イベント限定品
快走のピアス・極 イベント限定品
 
<目次に戻る>

<竜彫りの秘装具ⅠとⅡの効果まとめ>

≪ファイター竜彫≫

ファイター竜彫1
アビリティ名 効果 本来のコスト
敏動 斬り崩しの予備動作が短縮され、より素早く剣を振り下ろすことができる。 5
狂刺 えぐり突き時の攻撃速度が上昇する。 7
受崩 盾弾きの発動時に敵の体勢を崩しやすくなる。 3
受倒 盾弾きの発動時に敵を気絶させやすくなる。 4
受得 盾弾きの発動時にスタミナが一定量回復する。 4
ファイター竜彫2
アビリティ名 効果 本来のコスト
受拡 盾弾きの攻撃範囲が拡張される。 4
闘勢 体力が一定量以上のとき筋力が増加する。 10
強盾 盾での攻撃時に与えるダメージ量が増加する。 10
重盾 盾での攻撃時に敵の体勢を崩しやすくなる。 4
亜狙 亜人系の敵に与えるダメージ量が増加する。 9

<目次に戻る>

≪シーカー竜彫≫

シーカー竜彫1
アビリティ名 効果 本来のコスト
延縄 シーカーロープの飛距離が延長される。 6
縄倒 シーカーロープでの移動後、接触時に繰り出す打撃攻撃で敵の体勢を崩しやすくなる。 6
避旋 転身の旋回速度が上昇する。 4
高跳 二段跳びの高度が上昇する。 5
跳避 ノーマルスキルでの回避行動時に移動距離が延長される。 6
シーカー竜彫2
アビリティ名 効果 本来のコスト
力跳 空中でダメージを受けても体勢を崩されにくくなる。 5
巨狙 巨人系の敵に与えるダメージ量が増加する。。 8
乱斬 砕 乱斬り/大乱斬りのダメージ量が増加する。Lv5~6でチャンス攻力と疲労攻力が増加。 4
深攻 チャンス攻力が上昇し、怒り状態の強敵をダウンさせやすくなる。 5
剛攻 筋力が増加する。 6

<目次に戻る>

≪ハンター竜彫≫

ハンター竜彫1
アビリティ名 効果 本来のコスト
精密 弓の移動射ちの際、矢が照準からぶれなくなる。 4
充矢 一度に矢筒に補充できる矢の本数が増加する。 9
巧填 達人装填の成功時にスタミナが回復する。 4
侵矢 状態異常を引き起こす矢の威力が増加する。 6
匠填 達人装填のジャストタイミングの受付時間が延長され、より成功率が上昇する。 8
ハンター竜彫2
アビリティ名 効果 本来のコスト
集中 達人装填が成功する受付時間が延長されより成功率が上昇する。 6
拡撃 弓の威力が増す最適距離の範囲が拡張される。 10
充実 体力が一定量以上のとき、吹き飛ばし力が上昇し敵の体勢を崩しやすくなる。 5
射極 射属性の有効部位に与えるダメージ量が増加し、非有効部位へのダメージ量が減少する。 7
鬼狙 鬼人系の敵に与えるダメージ量が増加する。 9

<目次に戻る>

≪プリースト竜彫≫

プリースト竜彫1
アビリティ名 効果 本来のコスト
緩療 ヒールオーラ、セイントオーラ展開時のスタミナ消費量が軽減される。 7
漲魂 フィールドシフト時に、敵の注目を集めにくくする。 8
慈覧 ヒールオーラ展開時に敵から注目されにくくなる。 12
長露 表出されたシークレットコア出現時間が延長される。 10
激励 助け起こしたパーティメンバーの最大体力が一定時間増加する。 8
プリースト竜彫2
アビリティ名 効果 本来のコスト
腐狙 腐死系の敵に与えるダメージ量が増加する。 8
骨狙 骸骨系の敵に与えるダメージ量が増加する。 8
癒気 詠 ヒールオーラ/ヒールオーラエクス/ライドヒールオーラの回復量が増加する。Lv5~6で詠唱速度が上昇。 3
魔猛 魔力が増加する。 6
硬気 ヒールオーラまたはセイントオーラ展開中自身の物理防御力と魔法防御力が増加する。 5

<目次に戻る>

≪シールドセージ竜彫≫

シールドセージ竜彫1
アビリティ名 効果 本来のコスト
異彩 アトラクト発動時により敵の注目を集めるようになる。 6
烈放 フォースバーストでより敵を状態異常にかかりやすくする。 10
過給 フォースエンチャントほか、エンチャント系のスキルの効果持続時間が延長される。 7
岐精 シールドシーケンスを行ったときにスタミナ回復する。 4
長守 フォースゲージの消費時に少しゲージが残る。 6
シールドセージ竜彫2
アビリティ名 効果 本来のコスト
積吸 フォースガード/フォースゲインの攻力吸収量が増加する。 8
貪吸 フォースゲインの攻力吸収量が増加する。 8
見極 敵からの攻撃を直前防御(引きつけて防御)しやすくなる。 6
堅牢 盾の防御性能が向上し、より強い攻撃を防ぎやすくなる。 5
気鋭 体力が一定以上のとき、物理防御力と魔法防御力が増加する。 7

<目次に戻る>

≪ソーサラー竜彫≫

ソーサラー竜彫1
アビリティ名 効果 本来のコスト
倒陣 マジックトラップの展開時により敵の体勢を崩しやすくなる。 2
精唱 スペリング入力の成功時にスタミナが回復する。 7
麗詠 スペリングの入力難度が低くなり、魔法効果増大が狙いやすくなる。 9
続詠 バックムーブが詠唱中でも可能となり、詠唱ゲージとリぺリング効果を一定量保持しつつ詠唱継続できる。 7
魔精 魔法詠唱中にスタミナが回復する。 10
ソーサラー竜彫2
アビリティ名 効果 本来のコスト
魔増 体力が一定量以上のとき魔力が増加する。 10
胆唱 魔法詠唱中に受けたダメージ量が軽減される。 8
魔抗 魔法詠唱中に攻撃を受けても体勢を崩されにくくなる。 6
魔狙 魔族系の敵に与えるダメージ量が増加する。 6
倒力 吹き飛ばし力が上昇し、敵の体勢を崩しやすくなる。 4

<目次に戻る>

≪ウォリアー竜彫≫

ウォリアー竜彫1
アビリティ名 効果 本来のコスト
超恨 カウンター攻撃でリベンジゲージがたまりやすくなる。 9
熟怨 リベンジゲージ最大時に防御力が増加し、攻撃を受けても体勢を崩されにくくなる。 10
斬刻 魔人斬り、真・魔人斬りの溜め満了ジャストタイミングが延長され、成功率が上がる。 4
初突 リベンジゲージ満了時、魔人斬り、真・魔人斬りで繰り出す初動攻撃の吹き飛ばし力が増加する。 3
渾身 溜め攻撃で、より敵の体勢を崩しやすくなる。 5
ウォリアー竜彫2
アビリティ名 効果 本来のコスト
烈当 体力が一定量以上のとき気絶攻力が上昇し、敵を気絶させやすくなる。 7
勇攻 体力が一定量以上のときチャンス攻力が上昇し、怒り状態の強敵をダウンさせやすくなる。 9
獣狙 獣系の敵に与えるダメージ量が増加する。 8
快閃 溜め満了の瞬間に発動することで性農が増すスキルをジャスト発動した際、スタミナが回復する。カスタムスキルの場合はスタミナ消費が軽減される。 4
魔斬 砕 魔人斬り/真・魔人斬りのダメージ量が増加する。Lv5~6でチャンス攻力と疲労攻力が増加。 3

<目次に戻る>

≪エレメントアーチャー竜彫≫

エレメントアーチャー竜彫1
アビリティ名 効果 本来のコスト
一勢 魔眼により複数の攻撃対象を捕捉した際、魔力増加速度が上昇する。 8
拡助 魔眼による捕捉時間2周目満了時、強力な魔矢を放てるジャストタイミングが延長され、成功率が上がる。 5
迅矢 魔矢の飛行速度が上昇する。 5
延療 回復・治療系の作用を持つ魔矢から生み出された魔法球の効果持続時間が延長される。 10
自療 癒しの装の回復効果が上昇する。 6
エレメントアーチャー竜彫2
アビリティ名 効果 本来のコスト
勢命 ダメージを受けた際に、治癒上限値が低下しにくくなる。 8
霊狙 霊体系の敵に与えるダメージ量が増加する。 7
闘矢 瞬 闘波の矢のダメージ量が増加する。Lv5~6でジャストタイミングで放った際のダメージ量が増加。 5
助矢 瞬 助真の矢の回復量が増加する。Lv5~6でジャストタイミングで放った際の回復量が増加。 5
通眼 助真の魔眼、弱体魔弓によるシークレットコア出現時間が大幅に延長される。 6

<目次に戻る>

≪アルケミスト竜彫≫

アルケミスト竜彫1
アビリティ名 効果 本来のコスト
挑錬 攻撃時に、敵に与える錬成値が上昇する。 8
侵錬 エリクシル発動時、変換する状態異常値が上昇する。 7
延囮 アルケム・フーガで配置される錬成物質の持続時間が延長される。 4
速錬 エリクシル発動の予備動作が短縮される。 7
舞活 アルケム・フーガ成功時にスタミナが回復する。 3
アルケミスト竜彫2
アビリティ名 効果 本来のコスト
快錬 錬成値が最大の状態でエリクシル使用時、スタミナが回復する。 5
竜狙 竜族系の敵に与えるダメージ量が増加する。 9
硬視 タンクとして敵の注目を集めている間、物理防御力と魔法防御力が上昇する。 5
錬爆 倒 エリクシルのダメージ量が増加する。Lv5~6で吹き飛ばし力が増加。 4
頑強 耐久力が上昇し、体勢を崩されにくくなる。 5

<目次に戻る>

≪スピリットランサー竜彫≫

スピリットランサー竜彫1
アビリティ名 効果 本来のコスト
延臨 ブースト中のスピリットゲージ減少速度が低下する。 11
避活 敵の攻撃をスカー・ムーヴで回避するとスタミナが回復する。 3
長癒 エイド/エイド・モールの展開時間が延長される。 7
臨堅 ブーストを発動すると物理防御力と魔法防御力を一定時間上昇させる。 5
避霊 敵の攻撃をスカー・ムーヴで回避した場合のスピリットゲージの上昇量が増加する。 6
スピリットランサー竜彫2
アビリティ名 効果 本来のコスト
触攻 タッチアクションで状態異常を回復したパーティメンバーの物理攻撃力と魔法攻撃力を一定時間上昇させる。 4
属附 エンチャントを受けた際に付与される状態異常値が増加する。 9
侵狙 侵食系の敵に与えるダメージ量が増加する。 10
槍墜 倒 フォル・スラストのダメージ量が増加する。Lv5~6で吹き飛ばし力が増加。 3
霊蓄 攻撃時のスピリットゲージの蓄積量が増加。 8

<目次に戻る>

≪ハイセプター竜彫≫

ハイセプター竜彫1
アビリティ名 効果 本来のコスト
魔充 魔力スタックが2以上の時に、筋力と魔力が増加する。 7
延印 魔印の減退速度が低下する。 4
烈翔 属性の付与されたルイン・ブレードでより敵を状態異常にかかりやすくする。 10
節魔 純魔法を発動し魔力消費した際に少し魔力が残る。 4
節補 補助魔法を発動し魔力消費した際に少し魔力が残る。 3
ハイセプター竜彫2
アビリティ名 効果 本来のコスト
強弾 ルイン・ショットのダメージ量と吹き飛ばし力と弾速が増加する。 6
加吸 剣による攻撃の魔力吸収量が上がる。 4
勇鎮 体力が一定量以上のとき、疲労攻力が上昇する。 8
戦狙 戦甲系の敵に与えるダメージ量が増加する。 5
常撃 全てのノーマルスキルのダメージ量が増加する。 8

<目次に戻る>

<まとめ>

極力攻撃特化。

攻撃力からなるダメージの差はわずかだが、その差がスキルが一発少なくて済むこともある。

通常の鑑定ジュエリーは物攻魔攻4がアタリ、アビは二の次。
ただし、ピアスとブレスレットであってもアビLv3、Lv4のものは1種類つづでも取っておく方が吉。

黒呪装具の能力が高く、高ステータスのものをゲットするまで黒呪を回るのは必須。
 
<目次に戻る>

あわせて読みたい

コメントはお気軽に!(名前は未入力でも送信可能です。)

メールアドレスが公開されることはありません。