YOASOBI、直木賞作家コラボプロジェクト第2弾の新曲『好きだ』リリース!

YOASOBI、直木賞作家コラボプロジェクト第2弾の新曲『好きだ』リリース!

コンポーザーのAyase、ボーカルのikuraの「小説を音楽にするユニット」 YOASOBI。2022年5月30日(月)に新曲「好きだ」がリリースされました!新曲「好きだ」は、直木賞作家コラボプロジェクト第2弾作品であり、森絵都の書き下ろし小説を原作としています。

そこで今回は、YOASOBI×直木賞作家コラボプロジェクトとは何か、第1弾「ミスター」、第2弾「好きだ」について、そして今年の夏フェス出演情報もあわせて紹介していきます!

YOASOBI×直木賞作家コラボプロジェクトとは?

YOASOBI×直木賞作家コラボプロジェクトとは、直木賞作家4人が書き下ろした小説『はじめての』をYOASOBIが1年かけて楽曲化するというプロジェクトです。直木賞作家は、島本理生、辻村深月、宮部みゆき、森絵都の4名。「はじめて〇〇したときに読む物語」をテーマに4名の作家が小説を書き下ろしています。

  • 島本理生:『私だけの所有者』-はじめて人を好きになったときに読む物語
  • 辻村深月:『ユーレイ』―はじめて家出したときに読む物語
  • 宮部みゆき:『色違いのトランプ』―はじめて容疑者になったときに読む物語
  • 森絵都:『ヒカリノタネ』―はじめて告白したときに読む物語

第1弾「ミスター」

  • 配信リリース日:2022年2月16日(火)
  • 作詞・作曲・編曲:Ayase/歌唱:ikura

まず、第1弾として発表されたのは「ミスター」。原作は、島本理生が書き下ろした小説「『私だけの所有者』―はじめて人を好きになったときに読む物語」です。YOASOBIのYouTubeチャンネル「Ayase / YOASOBI」にてMVも投稿されており、既に259万回以上再生されています。

「原作読んでから聴き直すとホントに歌詞で再現されてるし、映像が着いてからは鳥肌が止まらない。いい意味でとんでもない企画だし、Ayaseさんスゴぎるし、いくらさんの歌唱力がバケモン」というコメントもあり、大好評。一度聴いたら作品の世界観に引き込まれること間違いなしです!

原作のあらすじ

アンドロイドの「僕」と所有者との間に何があったのか。とある国の施設に保護された僕は、「先生」に手紙を書きはじめた。

第2弾「好きだ」

  • 配信リリース日:2022年5月30日(月)
  • 作詞・作曲・編曲:Ayase/歌唱:ikura

続いて、第2弾として発表された楽曲「好きだ」。原作は、森絵都が書き下ろした小説「『ヒカリノタネ』―はじめて告白したときに読む物語」です。こちらもYOASOBIのYouTubeチャンネル「Ayase / YOASOBI」にてMVの一部が投稿されており、既に36万回以上再生されています。「メロディとタイトルでもう心が掴まれてしまった」「もう転調が神すぎる、好きすぎて毎日聴いてる」とコメントがあり、既に大人気となっています!

原作のあらすじ

幼馴染の椎太が好きでたまらない高校生の由舞は、四回目の告白を確かなものとするため、過去の告白を消し去ろうとする。

YOASOBIは、4大夏フェスに全て出演!

YOASOBIは、今年の夏フェスにも引っ張りだこです!日本の4大夏フェスと言われている

  • FUJI ROCK FESTIVAL’22(フジロック
  • ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2022(ロッキン)
  • RISING SUN ROCK FESTIVAL 2022 in EZO(ライジングサン)
  • SUMMER SONIC 2022(サマソニ)

全てに出演することが発表されました。夏フェスでは「ミスター」や「好きだ」を歌ってくれるのではないでしょうか?とても楽しみですね!

まとめ

今回は、YOASOBI×直木賞作家コラボプロジェクトとは何か、第1弾「ミスター」、第2弾「好きだ」、夏フェス出演情報について紹介しました!世界観がとても大切にされており、どちらも素敵な曲です!まだ聴いたことが無い方は、是非一度聞いてみてはいかがでしょうか。最後までご覧いただきありがとうございました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする