戦闘の基礎 【状態異常編】

状態異常の特性を知り、戦闘を有利にすすめよう!

敵にかけることができる状態異常は計24種ある。

モンスターごとにそれぞれ状態異常耐性が違うので、適した状態異常をかけよう。

気絶と5属性状態異常は蓄積が表示されないため、調節が難しい。

複数人で同じ状態異常を蓄積している場合、他者の蓄積分が見えない。
(※半分くらいしかたまっていないのにいきなりかかったような感じになる)

<目次>

<状態異常>

感電

一定時間ごとに敵をのけぞらせる。
タイミングが合えば敵の魔法や大技をのけぞりで中断させることができる。
※気絶、睡眠、凍結などの拘束する状態異常を解除してしまうので注意!!

<目次に戻る>

闇霧

一定時間敵の視界を奪い、ターゲット(プレイヤー)を見失う。

<目次に戻る>

聖吸

敵に与えたダメージの一定量分の体力を回復。
アビリティ自回に似た効果。

<目次に戻る>

スキル封印

一定時間敵の魔法攻撃を発動できなくする。
魔法攻撃をしてくる敵に使うと敵によっては棒立ちになる。

<目次に戻る>

遅延

一定時間敵の動きが遅くなる。
拘束系の状態異常に近いので攻撃やコア攻撃がしやすくなる。
コアを削りきる前に遅延にかけることにより、転倒モーションのある敵(主に2足歩行の敵)の転倒モーション時間を延長することが可能。
ブレイクに移行可能。

<目次に戻る>

<拘束系の状態異常>

気絶

一定時間その場でふらつく。
拘束はできるものの敵が大きく揺れる。
睡眠、凍結、石化、黄金化、延焼、感電による上書き可能。
※延焼、感電などの上書きによる拘束解除に注意!!
ブレイクに移行可能。

<目次に戻る>

睡眠

一定時間その場に倒れ込む。
拘束できるうえにほとんどの敵がシークレットコアが地面まで落ちてくる。(例外あり)
気絶、凍結、石化、黄金化、延焼、感電による上書き可能。
※延焼、感電などの上書きによる拘束解除に注意!!
ブレイクに移行不可。

<目次に戻る>

凍結、石化、黄金化

一定時間その場で固まる。
ダウン時に使用することによりダウン時間を状態異常の持続時間分延長することが可能。
凍結は与ダメージ1.1倍、黄金化、石化は打撃のみ与ダメージ1.25倍。
それぞれブレイクに移行不可。
凍結は、石化、黄金化、感電で上書き可能。
※感電での解除は特に注意!!
石化は、黄金化による上書き可能。
黄金化は、石化による上書き可能。
※石化、黄金化中に状態異常蓄積はするが延焼、感電、凍結などによる解除はない。
※石化、黄金化は他の状態異常を上書きして発動するため、ステータス低下系状態異常、継続ダメージ系状態異常などの折角かけた状態異常を消してしまうので使用時は注意が必要!!

<目次に戻る>

<継続ダメージ系の状態異常>

※継続ダメージ系はかかっている時間が重要であり、石化、黄金化によって上書きされ消えてしまうので注意!!(あとがけは可能)

延焼

一定時間、敵に継続ダメージを与える。
一部の有翼系やハーピー系は延焼にすると飛べなくなる。
※気絶、睡眠などの拘束する状態異常を解除してしまうので注意!!

<目次に戻る>

一定時間、敵に継続ダメージを与える。
※敵の総HPによってダメージが変わるため、HPがそこまで高くない通常の大型には効果がかなり薄い。GMやWMなどの8人コンテンツのボスのようなHPが非常に高い敵にはかなり有効に使っていける。

<目次に戻る>

<ステータス低下系の状態異常>

※ステータス低下系の状態異常はどれも石化、黄金化によって上書きされるので注意!!(あとがけは可能)

軟化

一定時間、耐久力が大幅に低下し、怯んだり吹き飛びやすくなります。
実際の効果は吹き飛ばし力増加。
※プレイヤーがかかる場合はステータス低下系状態異常に部類されていない。

<目次に戻る>

物攻低下、魔攻低下

敵の攻撃力を低下させる。
実際の効果は被ダメージ20%軽減。

<目次に戻る>

物防低下、魔防低下

敵の防御力を低下させる。
実際の効果は与ダメージ1.2倍。

<目次に戻る>

炎防低下、氷防低下、雷防低下、闇防低下、聖防低下

敵の属性防御を低下させる。
実際の効果は属性攻撃による与ダメージ1.1倍。属性攻撃による吹き飛ばし力増加。

<目次に戻る>

<その他の状態異常>

※どちらもかかりやすくなるだけなので、そもそも最初から凍結、感電、延焼を狙った方が早い。

水濡れ

敵がかかった場合、プレイヤーとは異なり凍結または感電にかかりやすくなる。

<目次に戻る>

油濡れ

敵がかかった場合、プレイヤーとは異なり延焼にかかりやすくなる。

<目次に戻る>

<ジョブ別の実行可能状態異常(クレストなし)>

◆ ファイター、ウォリアー、スピリットランサー
気絶

◆ シーカー
気絶、延焼

◆ ハンター
気絶、延焼、油濡れ、遅延、スキル封印、毒、睡眠

◆ ソーサラー
気絶、延焼、凍結、感電、闇霧、毒、睡眠

◆ プリースト
聖吸

◆ エレメントアーチャー
凍結、延焼、感電、聖吸、闇霧、軟化、物攻低下、魔攻低下、物防低下、魔防低下、スキル封印、気絶

◆ シールドセージ
遅延、睡眠、石化、気絶、凍結、延焼、感電、闇霧、聖吸、炎防低下、氷防低下、雷防低下、闇防低下、聖防低下、物攻低下、魔攻低下、物防低下、魔防低下

◆ アルケミスト
遅延、睡眠、スキル封印、毒、気絶、黄金化、炎防低下、氷防低下、雷防低下、闇防低下、聖防低下
(凍結、延焼、感電、闇霧、聖吸)※スキルの状態異常蓄積値がどれも低いため現実的ではない。

◆ ハイセプター
気絶、聖吸、闇霧

<目次に戻る>

<まとめ>

拘束系は非常に強力で、凍結、石化、黄金化のダウン状態の延長はかなり重要!

拘束系状態異常を解除する状態異常に注意!

さらに、睡眠、凍結、石化、黄金化中はブレイク状態に移行しないので注意!

詠唱魔法をしてくる敵には感電や封印が有効!

<目次に戻る>

あわせて読みたい

コメントはお気軽に!(名前は未入力でも送信可能です。)

メールアドレスが公開されることはありません。