戦闘の基礎 【侵食の大型編】

通常の大型との違いはスタミナ削りがないこと!浸食核を破壊しないとダウンしないこと!

侵食の大型は<通常状態(侵食核なしの状態)>、<怒り状態(侵食核の数でモーション変化)>、<ダウン状態>の基本的に3つのフェイズに分かれます。フェイズごとに適したスキル攻撃をしましょう!
(侵食ゴアサイクロプス、浸食グリフィン、浸食ベヘモット、スカージ等)

狂侵と呼ばれる侵食の大型よりもさらに凶悪な侵食魔もいます。
(狂侵ゴアサイクロプス、狂侵ベヘモット等)

通常の大型との違いは、怒り状態に生える浸食核をすべて破壊することによりダウン状態に移行することです。

戦闘の流れ、通常状態(一定のダメージを与える)⇒怒り状態(侵食核をすべて破壊)⇒ダウン状態(総攻撃)

※通常は3つのフェイズに分かれていますが、敵によっては怒り状態(浸食核が生えた状態)で設置されている場合があります。だたし、ワンダウンできない場合はダウン状態から通常状態になります。

<目次>

<侵食の大型の特徴>

▼ スタミナ削りがない

▼ 侵食核が時間で生える。増えるほどモーションが強化される。
※スカージは例外(特殊)。

▼ 侵食核に一定ダメージを与えることによって破壊できる。すべて破壊するとダウンする。

▼ 吹き飛ばし力の高いスキルを当てることにより浸食核の胞子噴出が止められる。止めれば与ダメアップ。
※胞子を止めることで与ダメが1.5倍になる。胞子で通りにくくなったダメージが戻るといった感じ。ダウン後では与ダメアップは狙えない(ドレイクやウィルムの弱点のような感覚)

<目次に戻る>

<狂侵の大型の特徴>

▼ 基本的には浸食の大型と同じ

▼ 各部位から触芽と呼ばれる一定間隔で攻撃してくる触手を発生させている。

▼ 触芽はコア出しをする要領でヒールなどの回復スキルを当てることにより封印することができる。封印すれば与ダメアップ。
※封印した触芽部分へのダメージが上がるわけではなく、封印した箇所が増えるとその分ダメージが上がる。そのため、できる限りすべての触芽を封印するようにしたい。

<目次に戻る>

<まとめ>

とっとと侵食核攻撃してダウンさせろ!

吹き飛ばし力の高いスキルで攻撃して、胞子噴出を止めよう!与ダメアップ!

通常のダウンで倒せるなら高火力スキルで破壊を優先すべし、倒せないなら胞子止めを狙うのもあり!

狂侵の場合、緑職は必ず触芽を封印!封印は与ダメアップになる!

<目次に戻る>

あわせて読みたい

コメントはお気軽に!(名前は未入力でも送信可能です。)

メールアドレスが公開されることはありません。